世界ナンバーワンの称号を得たAIR MAXが10年の歳月を経て復刻!

atmosが手掛けたZOO PACKのひとつで、2007年に発売された"AIR MAX 1 ELEPHANT"。NIKEの定番モチーフを複数のカラーブロックで配置し、淡いヒスイ色のスウッシュロゴを引き立てたコラボレーションモデル。AIR AMAX DAY 2016で、過去のモデル100足の中からお気に入りの一足に投票するVOTE BACKのキャンペーンで圧倒的な投票数を獲得。2017年3月18日に復刻が決まった。そのデザインを手掛けたatmosの小島 奉文(@koji198139)さんにインタビュー、スニーカーの思い出や発売されるAIR MAX 1 ELEPHANTについて語ってもらった。

スニーカーを好きになったきっかけは?

90年代に巻き起こった第一次スニーカーブーム。スラムダンクが流行っていた頃。その当時は中学生だった。最初に手にしたスニーカーはAIR JORDAN 1 CHICAGO。1994年に復刻されて、その一年後に当時読んでいたBOONを見て通販した。ほとんどは買ったらすぐに履いて、ボロボロになったら捨ててしまっていたが、これだけは記念すべきものなので履かずに大切にとっている。NIKE、そしてスニーカーが好きになった始まりは、コレを一番最初に買ったことが大きく影響してる。スニーカーにのめりこんだのは、専門学校でファッションの道に進んだとき。学生時代は原宿とかによく遊びにいっていて、当時ジャンクヤードにあった3546やAD21などで買っていた。ずっとそういう文化にいたこと、卒業後は好きなことを仕事にしようという思いもあって、自然とスニーカー屋にバイトするように。そこからずっとatmosで働いてスニーカーに携わっている。スニーカーを好きになるきっかけは、スポーツからとファッションやモノとして入るのに分かれるが、自分の場合は後者でまわりからの影響を受けて入った。

AIR MAXはいつから履くように?

NIKE =AIRという印象を持っていた。これもAJ1と同じくBOONを読んでいてAIR MAX 95がくると知って、AIR MAX 95の白黒グリーンのボーダーのものを買った。その次は97年の黒赤箱時代のAIR MAX 1 SCの白赤。メッシュの部分がすべてレザーになっている。これは思い入れがあって、また出てほしい。好きなモデルはAIR MAX 90のINFRARED。年代別にリリースされたものを買い続けている。最近出たAIR MAX 90 ULTRA 2.0 FLYKNITも買おうと思っている。あれはインソールが進化していて、踏み込んだら足形のまま沈むメモリーフォームが入っている。

AIR MAX 1 ELEPHANTの誕生した経緯は?

日本発信の異素材を使ったクレイジーなものを作ろうと。この展開当時はAIR MAXを盛り上げようという流れで、アニマル柄をメインに使ったZOO PACKをコンセプトに全3部作が発売された。その一つに、この"AIR MAX 1 ELEPHANT"が入っていた。インスピレーション元は、最初のAJ1の話にも通じるけどジョーダンが昔から好きで、はじめてのエレファント柄を使ったAIR JORDAN IIIから受けている。コンセプトは象の水浴び、行水、それに合わせてエレファント柄とジェイドカラーを落とし込んでいる。

人気投票のAIR MAX VOTE BACKで一位になったのは何故だと?

当時としてはめずらしい異素材で奇抜なデザインだったので、海外でウケがよかった。日本のCO.JP企画で、国内の2ショップのアカウントしか取扱がなく数も絞られていた。海外のファンは買うのが難しかったのでリリースを望んでいる人も多いかもしれない。 あと10年前に発売されたので時間が経つとともに、AIR MAXの宿命である加水分解も起こってしまう。現存していて履けるのが、ほぼ見つからない状況もVOTE BACK で選ばれた理由になっていそうだ。

AIR MAX 1 ELEPHANTの復刻でのディテールは?

2003年と2016年のAIR MAX 1 SAFARIは細かくいえば違った。でもELEPHATに関してはオリジナルと比較させてもらったが、まったく問題ない。当時のままのシルエットで復刻される。もしかしたらジェイドのところが、ほんのすこしトーン上がっているかもしれない。インソールはわかる人には懐かしいLEロゴまで作り込まれている。また素材の部分でも満足できるようになっていて、プレミアムレザー、スムースの質感がすごくいい。

atmos別注ならではのこだわり

これまでatmos別注で出してきたAIR MAXシリーズの"SAFARI"、"CAMO"、"DENIM"、"VIOTECH"などでは、基本的にはメッシュアッパーは使っていない。理由としてはAIR MAXはベースとしてスポーツシューズなので、それとの違いを出すため。私たちの落とし込みの視点としてはファッション的なものを含めたもの、通気性などの機能的な部分でデメリットはあるかもしれないが、ファッション性の高いスウェード、レザーなどの素材にこだわり、そこに重きを置いている。atmosとNIKEのAIR MAXシリーズは2003年からずっと続いている。これからもAIR MAX 1、90、95など、いろいろと出てくると思うので楽しみにしていてください。

3月18日にはatmos提案のTECH FLEECE PACKもリリース

NIKEの人気アパレルのTECH FLEECEも、AIR MAX 1 ELEPHANTの復刻を記念して、ジェイドカラーの大きなスウッシュプリントをしたデザインで発売される。Tシャツ、クルー、フーディ、ボトムが揃い、カラーはグレーとブラックの2色。札幌から博多まで全国でリリース予定。またAIR JORDAN 3とAIR MAX 1のPACKも出てくるが、数が少ないため販売方法は後日発表。ちなみにAIR MAX 1 ELEPHANTの単体の販売数は、前回の時よりも多くなっている。

【取り扱い店】
Sports Lab by atmos SHINJUKU / IKEBUKURO / YOKOHAMA / NAGOYA / OSAKA / SHINSAIBASHI / KYOTO (3/18OPEN) / KANAZAWA POP UP (3/17OPEN) / HAKATA / SAPPORO

【販売アイテム】
・NIKE AIR MAX 1 PREMIUM RETRO(908366-001) ¥16,000+TAX
・NIKE AIR MAX DAY TEE PRINTED(AH1995-010/AH1995-100) ¥4,000+TAX
・NIKE NSW TCH FLC CRW LS JADE SWOOSH BLACK / H.GREY (2 COLOR) ¥11500+TAX
・NIKE NSW TCH FLC WR HOODIE JADE SWOOSH BLACK / H.GREY (2 COLOR) ¥15,500+TAX
・NIKE NSW TCH FLC JGGR JADE SWOOSH BLACK / H.GREY (2 COLOR) ¥12,500+TAX
スニーカーウォーズ
SITE
SNEAKER WARS / スニーカーウォーズ
AUTHOR
YUSUKE NAKAMURA
SINCE
2005.8.10

スニーカーウォーズは、世界で評価されている貴重なスニーカーをはじめ、最新モデル、ヴィンテージ、復刻版、コラボレーションなどマニアを唸らせるスニーカー情報をスクラップしています。